「一体、どうしてなんだ」

                                              
 「はい、すいません・・・」


 「すいませんじゃなくて、どうしてなのか、聞いてるんだっ(怒)!!」


 「申し訳ありません」



 中小企業は社員の定着に悩んでいます。


 転職が当たり前になってますから、大手でさえ苦心しているのが現状です。


 入社時にやるべきことをやっておかないと、「そんなの聞いてない、だったら辞める」となります。



 ある会社で、休日出勤をする、しないで揉めてた末、社員が退職しました。


 その時、社長が人事担当者に理由を確認したのが冒頭のやり取りです。


 経営状況が苦しい中、ン十万円もかけて求人広告を出します。


 にもかかわらず、次から次へと退職されたのでは、たまったものではありません。


 入社時に言うべきことを言い、やるべきことをやらないと、あとで揉めることになります。

(やる気低下の一因にもなります)





 「人間関係」と「社員の定着」は似ている点があります。


 同じことを聞くにしても、誰が言うかによってあなたの受け止め方は違いませんか?


 この人はいい人だな、と思っている人の発言は素直に受け止めます。


「あばたもえくぼ」とでもいいましょうか・・・。何でも肯定的に受け止めます。


 反対に、この人はちょっと・・・、と思っている人の発言には反発してしまいがちです。


 「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」とでもいいましょうか・・・。何でも否定的に受け止めます。


 
 「入社時に聞いてない」「入社時に聞いたのと違う」という印象を持つとどうなるか?


 「坊主憎けりゃ~」のようなスタンスを取り、会社の言うこと全て否定的に受け止めます。


 ですから、最初に言うべきことを言い、聞くべきことを聞いておく、これが大切です。

 
 ところが中小企業では何を言っておき、また聞いておいたらいいのか整理できていません。


 そんなに難しいことではありませんが、知らないために、あとで無駄なエネルギーを使っている会社がたくさんあります。


 これは、会社にとっても社員にとっても不幸なことです。


 ご希望の方には、弊社がお客様にお配りしたCD「採用時の注意点」を差し上げます。


 お問い合わせページから、必要事項をご記入のうえお申し込みください。


ただし、他では得られない貴重な情報が含まれているため、同業者の方はご遠慮ください。
(同業者とは社会保険労務士、税理士、コンサルタントを指します)

 

以下、CDでお話していることの要約です


会社が意識すべきこと

○法律に関係すること

○その他(人の気持ちに関することなど)




入社前に気をつけること

○法律に関すること


・募集・・・原則として年齢不問(平成19年10月から法律改正あり)

・採用選考に当たって避けていただきたい項目はこれ

・本人に責任のない事項、 本来自由であるべき事項、 その他


○その他

・言うべきこと、聞くべきこと、を準備しておく

・会社の歴史を語る

・皆が大事にしている価値観を提示する

・自慢話をたっぷり聞いてあげる

・丁重に対応する

・入れていただけた、という状態を演出する

・応募者が少なくて判断に迷うときはどうするか?

・入社後に、「実はうつ病だった・・・」とならないためにはどうするか?

・不採用の人への対応には気をつける

・パートさんを雇う際の注意点

・契約社員を雇う際の注意点




入社後に気をつけること

○法律に関すること


・雇用契約書を結ぶ

・雇用契約書に記載すべき事柄はこれ

・就業規則など規程類について説明する

・住民票の提出についての注意点

・健康診断を実施する


○その他

・身元保証書を提出してもらう

・達成目標のリストを作成して、上司と本人が共有する

・明るい未来をイメージさせてあげる

・新卒の人には基本の「き」から教えてあげる

・秘密保持誓約書を提出してもらう

・運転告知書を提出してもらう

・家族の不満は本人へ与える影響が大きい








Copyright(C)2008 小河原社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.